Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content

Japan - JP

L3HarrisのAdvanced Himawari Imager (AHI、可視赤外放射計) は気象庁 (JMA) の 「ひまわり」8号/9号静止気象衛星に搭載 されています。AHIは世界で最も高性能の GEO気象イメージャーであり、16チャンネ ルのデータを提供し、日本および悪天候の 画像を2分30秒ごとに提供しながら、10分 間で地球のスキャンを行います。これによ り、気象予報士は悪天候のバーチャル動画 を見て、進路や強さをより正確に予測する ことができます。

L3HarrisのTANSO-FTS-2環境監視センサ ーは、日本の温室効果ガス観測技術衛星「 いぶき2号」に搭載され、温室効果ガスを 宇宙から監視する能力を大幅に高めまし た。「いぶき1号」の倍のデータを提供す ることができ、5つの帯域で高解像度デー タを収集することで、日中と夜間の測定が 可能になっています。

L3Harrisは東京と大阪に拠点を置き、業界 トップレベルの地理空間画像分析および データ可視化ソフトウェアを提供してい ます。ソフトウェア「ENVI」、「IDL」、 「SARscape」は、イノベーティブな地理 空間インテリジェンスソリューションを提 供し、日本で増大している需要にお応え します。

L3Harrisマイクロ波パワーモジュールは日 本の複数の宇宙プログラムに導入されて おり、電子防御プログラムの重要なコン ポーネントとなっています。L3Harrisはま た、自衛隊の主なミサイルや航空・海上防 衛プログラム向けの結合空洞進行波管を はじめ、主要な電力増幅機能も提供してい ます。

L3Harrisは日本の複数の航空会社と長期に わたる関係を築いており、数多くのフルフ ライトシミュレーターやサポートプログラ ムを納めています。さらにL3Harrisは、防 衛省 (JMOD) やその他の政府機関向けに、 技術データやサポートサービス、関連シ ミュレーターハードウェアを提供していま す。シミュレーションプラットフォームに は、C-130Hハーキュリーズ、UH-60Jブラ ックホーク、P-3Cオライオン、TC-90キン グエア、カワサキT-4練習機があります。

日本向けソリューション

  • 宇宙ベースのコンセプト
  • 宇宙状況把握
  • 人工衛星ベースの気象・環境 センサー
  • 地理空間 > 防衛
  • バトルフィールドネットワー キング
  • 共通データリンク
  • ISRシステム
  • 電子戦 > アビオニクス > パイロット訓練
  • 海事システム全般 > 対潜哨戒機
  • 海事サイバーセキュリティ
  • 洋上・水中自律船舶テクノロジー

L3Harrisの日本拠点

Locations

ときょみぬてs

L3Harris Japan

Nakayama Bldg 3F, 1-20-3

Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo

113-0033

Phone: +81-36801-6147

  • ときょみぬてs

サイトのシート

  • Japan Site Sheet - English
  • Japan Site Sheet - Japanese

L3Harrisに問い合わせる